11. 気持ちに行動が追いつかない

11. 気持ちに行動が追いつかない

「3か月後には、転職を決める!」
そう目標を設定し、早速活動を開始した。気になる会社を1社見つけたので応募し、書類選考通過、1次面接が終了した。しかし、どうにも自分の行動力が鈍い。もっとたくさん会社を調べて、どんどん応募したほうがよいと思うのに、なかなか行動に移せていない。働いていた頃より時間があるはずなのに、なんとなく動きが鈍い気がしている。行動力はあるほうだと思っていたので、自分で自分に戸惑っていた。
このままでは、3か月後に転職できない。そんなときに、コーチングを受けた。

堀口さんからに、その状況を話すと驚きの質問が返ってきた。
「本気で転職したいんですか?」
この質問にはビックリしてしまった。本当に自分が本気なのか、一瞬疑ってしまった。こんなにストレートで根幹を揺さぶるような質問は初めてだった。
そして、さらにビックリする質問が、飛んできた。
「いつまでに転職を決めたらかっこいいですか?」
転職を決めるのに、“かっこよさ”なんて考えたことがなかった。目の覚めるような質問だった。

いま思えば、自分の行動にかっこよさを求めるということは、なりたい自分を追求するということだ。向上心を強く刺激する質問である。意志をもって物事に取り組むことの大切さ、そうすることによって“自分らしさ”が確立されていくんだという気づきを得ることができた。
このことに、当時はまだ気づいていなくて、こうして振り返ることでじわじわとこの質問の深さを感じている。噛めば噛むほど味が出てくる質問である。
当時の私は、1か月後に転職を決めるという目標を設定したことで、「絶対にこの目標を達成するぞ!」と決意することができ、それが行動を加速させていった。私にとって、それは堀口さんとの約束のようなもので、「できませんでした」と言いたくなかった。それは、努力すればきっとできることだから。
結果、4社に応募し、2社から内定をいただいた。4月からコーチングを開始し、7月の頭に納得のいく転職が決まった。

ひとみずむ11 MAO フルバージョンPDFはこちら

Comments are closed.