01. ワクワク、のち、キラキラ

01. ワクワク、のち、キラキラ

「誰か、私のやりたい事を教えて!」
これがあなたのやりたいことですって教えてくれたら、私、また突っ走りたい。
でも、そんなの誰も教えちゃくれない。

目的がない人生って、私にとって本当に苦しく重たい日々だった。
どうにも私らしくない日々。最近、会社がどうにも楽しくない。

「特にやりがいも感じないし、辞めたいなって気持ちがいつもどこかにあります。キャリアも積んだし、あとはやることだけしっかりやって、自分の時間を大切にしたいです。私がこの会社へ入社したときは、あなたには会社の雰囲気を変えてほしい。いまの職場の雰囲気を明るく盛り上げて欲しい。って、いわれたんです。それに関してはきちんとやっています。私、明るさだけが取り柄なので」

「だったらあなたが会社から求められている仕事はきちんとやっていますよね?それでいいんじゃないですか?」

そっか。私はいまの自分でいいのだ。

「やるべき仕事はきちんとしているし、この自分で満足すればいいのだ。考え方変えてみます」

毎日明るくみんなに話しかけることで部署のみんなも変化し始めたのが手に取るように感じられた。
いま、職場はすごく雰囲気がいい。いい波動は伝染するのだ。

堀口さんに「やればいいじゃないですかっ!」っていわれて、
「ですよね~~~!」って、なんだかワクワクしてきた。
このワクワク感、これは私が生きていくための必須事項。
私、誰かに『やっていいよ!』っていわれたかったのだ。
背中を押して欲しかった。

それからだ。自分を取り戻せたのは。
いま、やりたいこと、自由にやっている。
なんだか自分がキラキラしてるのを感じている。

いまの自分は、1人だったら思い描くだけで実現できなかっただろう。
堀口さんや周りの応援のおかげで、はじめて行動に移すことができた。
みんなへの深い絆と、感謝の気持ちで涙がこぼれた。
私、いま、自分が幸せだといい切れる。

自分が考えていることを「おもしろい」なんて思ってくれる人がいるのかぁ。
信じられない「いま」が現実としてここにある。
人は、変わることができる!

ひとみずむ1 NANA フルバージョンPDFはこちら

Comments are closed.